消費者の皆さんへ

 本年(2010年)4月20日以降、宮崎県の農場で飼養されている牛・豚等について、口蹄疫の患畜及び疑似患畜が確認されたとの発表が、農林水産省から行われています。口蹄疫が発生した農場では、家畜の移動が自粛されており、口蹄疫にかかった家畜の肉や牛乳が市場に出回ることはないとされています。
 口蹄疫の発生に対して、食品安全委員会は「口蹄疫は、偶蹄類の家畜(牛、豚、山羊、綿羊、水牛など)や野生動物(ラクダやシカなど)が感染する病気であり、人が感染することはなく、仮に口蹄疫にかかった家畜の肉を食べたり牛乳を飲んだりしても人体に影響はありませんので、国民の皆様には、冷静に対応していただきますようお願いします。」と公表しています。
http://www.fsc.go.jp/sonota/kouteieki_220420.pdf
(注)URLは掲載時点のものです。リンク切れの際はご了承ください。
戻る
ページ先頭へ