消費者の皆さんへ

 2009年4月25日、メキシコにおいて、インフルエンザ様の症状を示す比較的重い呼吸器疾患が流行しているとの情報、また、米国においては、ヒトの間で豚インフルエンザウイルス(H1N1亜型)によるインフルエンザが発生しているとの情報が、厚生労働省から発表されました。日本時間の4月27日、WHO事務局により、継続的に人から人への感染がみられる状態になったとして、フェーズ4宣言が正式になされ、こうした事態を受けて28日、厚生労働省では新型インフルエンザ等感染症が発生したことを宣言しました。なお、日本時間の4月30日、WHO事務局により、更にフェーズ5に引き上げられています。
 豚肉・豚肉加工品の安全性について、食品安全委員会の委員長見解が4月27日に発表されています。委員長見解では、「豚肉・豚肉加工品は安全と考えます。」として、豚肉・豚肉加工品を食べることにより、豚インフルエンザがヒトに感染する可能性はないとしていますので、冷静な対応をお願い致します。詳しくは、下記アドレスより参照下さい。
http://www.fsc.go.jp/sonota/butainflu_iinchokenkai_210427.pdf
戻る
ページ先頭へ