食品事故情報

食品事故情報告知文

2018年11月5日に新聞や公的サイト(農林水産省、各地方自治体等)に掲載されたものです。

告知文
(消費者庁)平成30年10月31日
株式会社シエルに対する景品表示法に基づく措置命令及び課徴金納付命令について
 消費者庁は、本日、株式会社シエル(以下「シエル」といいます。)に対し、同社が供給する「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」と称する食品に係る表示について、景品表示法に違反する行為(同法第5条第1号(優良誤認)及び同条第2号(有利誤認)に該当)が認められたことから、同法第7条第1項の規定に基づく措置命令(別添1参照)及び同法第8条第1項の規定に基づく課徴金納付命令(別添2参照)を行いました。
1 違反行為者の概要:
 名称:株式会社シエル(法人番号 8010001143005)
 所在地:東京都渋谷区渋谷三丁目11番11号IVYイーストビル6階
 代表者:代表取締役 小林 裕二
 設立年月:平成14年12月
 資本金:1000万円(平成30年10月現在)
2 措置命令の概要:
(1) 対象商品:「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」と称する食品(以下「本件商品」という)
(2) 対象表示:
 ア 表示媒体:自社ウェブサイト
 イ 表示期間:別表1及び別表2「表示期間」欄記載の期間
 ウ 優良誤認表示
  (ア) 表示内容(別紙1ないし別紙3)
   例えば、平成27年12月10日から平成28年12月29日までの間、「海外でも大注目! 日本版スムージーの“青汁”ダイエット」、「おいしく飲んでスリムボディに!」、「149種類の酵素で燃焼する体に」、「野草、フルーツ、野菜、海藻の酵素を使用しており、特に野草のもつ免疫力やビタミン、ミネラルが、燃えやすい体を作り、肌の新陳代謝も促す。」等と記載するなど、別表1「表示内容」欄記載のとおり記載することにより、あたかも、本件商品を摂取するだけで、容易に痩身効果が得られるかのように示す表示をしていた。
  (イ) 実際:前記(ア)の表示について、当庁は、景品表示法第7条第2項の規定に基づき、シエルに対し、期間を定めて、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、同社は、当該期間内に資料を提出しなかった。
 エ 有利誤認表示:
  (ア) 表示内容(表示例:別紙4):
   例えば、平成27年12月10日から平成28年12月29日までの間、「初回 ¥680コース※税抜」、「毎月先着300名様限定」、「・先着順となっておりますので、毎月300名様に達しましたら終了とさせていただきます。」、「・毎回自動お届けコースとなり、2回目以降の価格は3,980円(税抜)となります。」と記載するなど、別表2「表示内容」欄記載のとおり記載することにより、あたかも、毎月300名に限って本件商品の定期購入を開始できるかのように表示していた。
  (イ) 実際:本件商品の毎月の新規定期購入者数は、300名を著しく超過していた。
(3) 命令の概要:
 ア 再発防止策を講じて、これを役員及び従業員に周知徹底すること。
 イ(ア) 今後、表示の裏付けとなる合理的な根拠をあらかじめ有することなく、前記(2)ウ(ア)の表示と同様の表示を行わないこと。
  (イ) 今後、前記(2)エの表示と同様の表示を行わないこと。
3 課徴金納付命令の概要:
(1) 課徴金対象行為(違反行為)に係る商品:本件商品
(2) 課徴金対象行為
 ア 表示媒体:前記2(2)アに同じ
 イ 優良誤認表示:
  (ア) 表示内容:前記2(2)ウ(ア)に同じ
  (イ) 実際:前記2(2)ウ(ア)の表示について、当庁は、景品表示法第8条第3項の規定に基づき、シエルに対し、期間を定めて、当該表示の裏付けとなる合理的な根拠を示す資料の提出を求めたところ、同社は、当該期間内に資料を提出しなかった。
ウ 有利誤認表示: 前記2(2)エに同じ
(3) 課徴金対象期間: 平成28年4月1日から平成30年7月30日までの間
(4) 景品表示法第8条第1項ただし書に該当しない理由:
 シエルは、本件商品について、前記2(2)ウ(ア)の表示の裏付けとなる根拠資料を有することなく、当該表示が示す効果がないことを認識した上で、また、本件商品の新規定期購入者数が、平成28年4月1日から平成30年1月30日までの間において、毎月300名を著しく超過していることを認識した上で、前記(2)の課徴金対象行為をしていた。
(5) 命令の概要(課徴金の額): シエルは、平成31年6月3日までに、1億886万円を支払わなければならない。
4 その他:
 シエルは、本件商品の内容について、一般消費者に対し、実際のものよりも著しく優良であると示す表示をしていた旨及び本件商品の取引条件について、実際のものよりも取引の相手方に著しく有利であると一般消費者に誤認される表示をしていた旨を日刊新聞紙2紙に掲載した。
【本件に対する問合せ先】:消費者庁表示対策課
電 話:03(3507)9233
ホームページ:http://www.caa.go.jp/

************************************
お詫びとご報告
平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。弊社は、10月31日、消費者庁から、表示について、不当景品類及び不当表示防止法第7条第1項に基づく措置命令及び不当景品類及び不当表示防止法第8条第1項に基づく課徴金納付命令を受けました。
消費者庁から誤認表示として指摘を受けた内容については、10月16日付けの新聞社告及び弊社ホームページでの告知にてお伝えしたとおりです。日頃より当社の製品をご愛顧いただいているお客様、お取引先の皆様、その他関係者の皆様には、多大なご迷惑とご心配をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。
 弊社は、今回の消費者庁からの命令を真摯に受け止め、広告や表示物の内容の見直しを図るとともに、今後の一切の誤認表示を行わないため、再発防止に向けての表示管理体制を構築いたします。これからもより良い商品とより良いサービスをご提供させていただけるよう努めてまいります。
平成30年10月31日
株式会社シエル 代表取締役 小林裕二
◆本件に関する問い合わせ先◆
問い合わせアドレス:info@fruits-aojiru.com(24時間受付)
専用ダイヤル:0120-375-263(平日12:00〜17:00)

************************************
お詫びとお知らせ
 この度、弊社は、一般消費者の誤認を排除するため、次のとおり、周知いたします。弊社は、平成27年12月10日から平成30年1月30日までの間、弊社商品「めっちゃたっぷり フルーツ青汁」(本商品)のウェブサイトにおいて、「体内環境を整え痩せる習慣づけ」、「栄養のバランスが悪いと、脂肪を溜め込みやすくなり痩せにくい体質になる。たっぷりフルーツ青汁に含まれる多くの栄養素が乱れた食生活を改善。」などと記載するなど、特段の運動や食事制限をすることなく本商品を飲むだけで容易に著しい痩身効果を得られると一般消費者が誤認するおそれのある表示を行っていました。しかし、本商品は、毎日の食事に本商品を置き換えて摂取カロリーを抑えることでダイエット効果を得ることを目的としたものであり、本商品の成分が痩身を促す効果を有するものではありません。
 また、ウェブサイトに「毎月先着300名様限定 初回680円コース」などと記載するなど、毎月の新規定期購入者の人数が300名に限定されていると一般消費者が誤認するおそれのある表示を行っていました。しかし、実際には毎月の新規定期購入者の人数に制限は設けていませんでした。これらの表示は、商品の内容が実際のものよりも著しく優良であると示す表示及び取引条件が実際よりも著しく有利であると一般消費者に誤認される表示でした。皆様には多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。
平成30年10月16日
株式会社シエル 代表取締役 小林裕二
◆本件に関する問い合わせ先◆
問い合わせアドレス:info@fruits-aojiru.com(24時間受付)
専用ダイヤル:0120-375-263(平日12:00〜17:00)
注1: URLは掲載時点のものです。リンク切れの際はご了承ください。
注2: この情報は被害の未然防止、同種事故の発生防止等を目的に提供しているものです。
注3: このサイトでは過去1年間の告知文を掲載しています。
戻る
ページ先頭へ