食品事故情報

食品事故情報告知文

2018年4月16日に新聞や公的サイト(農林水産省、各地方自治体等)に掲載されたものです。

告知文
(消費者庁)水戸ドライブインひたちの里水戸インター店 「城里町産 こしあぶら」 - 回収
商品名:城里町産 こしあぶら
連絡先:水戸ドライブインひたちの里水戸インター店 生産者直売所 住所 茨城県水戸市加倉井町宿後415 電話番号 029-251-7045
対応方法:販売場所を通じて回収します。
対応開始日:2018/04/13
対象の特定情報:「城里町産 こしあぶら」
販売場所:水戸ドライブインひたちの里水戸インター店生産者直売所
販売日:2018年4月5日〜4月12日
公表行政機関:茨城県公表行政機関の掲載情報備考
自主回収の理由:
 厚生労働省(国立医薬品食品衛生研究所)が実施した市場流通品の買上調査において,出荷制限のかかっていない城里町産「こしあぶら」から基準値を超える放射性セシウムが検出されたため。
 *放射性セシウム濃度 350Bq/kg(食品衛生法で定められた基準値:100Bq/kg)
想定される健康への影響:
今回,350Bq/kgが検出された「こしあぶら」に当てはめると,国際的な指標である年間1mSvを超えるためには,毎日約30kgを食べ続けた場合に該当します。このことから,通常の食生活において当該「こしあぶら」を摂食したとしても,健康に影響を及ぼすことは考えられません。

************************************************
(茨城県)平成30年4月13日(金)午後5時00分
城里町産「こしあぶら」における放射性セシウムの基準値超過について
 厚生労働省(国立医薬品食品衛生研究所)が実施した市場流通品の買上調査において、出荷制限のかかっていない城里町産「こしあぶら」から基準値を超える放射性セシウムが検出されましたので、お知らせします。当該商品が販売されていた水戸ドライブインひたちの里水戸インター店生産者直売所では対象商品の回収を実施しております。なお、今回の「こしあぶら」を喫食しても、直ちに人体や健康に影響を及ぼす数値ではありません。



1 厚生労働省からの情報提供
  ・買上場所:水戸ドライブインひたちの里水戸インター店生産者直売所
  ・買上日:平成 30(2018)年4月11日
  ・検査結果判明日:平成 30(2018)年4月12日
  ・放射性セシウム濃度:350Bq/kg(食品衛生法で定められた基準値:100Bq/kg)
2 当該「こしあぶら」の販売状況と回収等の対応
(1)採取場所:茨城県東茨城郡城里町内  ※ 商品の産地表示は採取者の住所地を表示していた。
(2)販売の状況:
  ・販売場所:水戸ドライブインひたちの里水戸インター店生産者直売所
  ・販売年月日:平成 30(2018)年4月5日〜4月12日
  ・販売数量:29パック
(3)回収等の状況:
  ・当該「こしあぶら」については,販売場所を通じて回収を行っております。
    水戸ドライブインひたちの里水戸インター店生産者直売所 (住所:茨城県水戸市加倉井町宿後415 電話:029-251-7045)
3 県の対応等
(1)水戸保健所の対応:
  ・当該販売所における「こしあぶら」の店頭撤去及び販売済み「こしあぶら」の回収の指導
  ・産地表示の適正化の指導
(2)農林事務所の対応:
  ・出荷前自主検査の実施確認の徹底等の指導
  ・水戸ドライブインひたちの里水戸インター店に対する指導の継続
    こしあぶら等山菜類の販売状況と出荷前自主検査の実施の確認等
  ・こしあぶら等山菜類など特用林産物の巡回指導等
    再発防止のため、農林事務所ごとに、直売所等の販売者に対して、出荷制限等が指示されている区域の特用林産物を販売しないこと、放射性物質検査結果の確認及び販売時における採取地表示の確認の徹底等について、巡回指導を実施
【参考】
茨城県内の「こしあぶら」の出荷制限地域:
日立市、常陸太田市、常陸大宮市 ※ 国の原子力災害特別措置法に基づく出荷制限指示
食品中の放射性物質の規格基準:
 放射性物質の基準は乳幼児をはじめ、すべての世代に配慮した基準が設定されています。食品の国際的な指標では、年間被ばく線量が年間1ミリシーベルト(mSv)を超えないように、一般食品の基準は100Bq/kgに設定されています。これは、通常の食生活を送れば、年間被ばく線量の上限値を十分に下回るように設定された基準で、年齢や性別、体格や代謝及び食品の摂取量も考慮された値です。
 なお、今回、350Bq/kg検出された「こしあぶら」に当てはめると、国際的な指標である年間1mSvを超えるためには、毎日約 30kgを食べ続けた場合に該当します。このことから、通常の食生活において当該「こしあぶら」を摂食したとしても、健康に影響を及ぼすことは考えられません。
食品中の放射性物質の規格基準:
 食品区分   放射性セシウムの基準値(Bq/kg)
  飲料水     10
  乳児用食品   50
  牛乳      50
  一般食品   100
注1: URLは掲載時点のものです。リンク切れの際はご了承ください。
注2: この情報は被害の未然防止、同種事故の発生防止等を目的に提供しているものです。
注3: このサイトでは過去1年間の告知文を掲載しています。
戻る
ページ先頭へ