食品事故情報

食品事故情報告知文

2017年10月3日に新聞や公的サイト(農林水産省、各地方自治体等)に掲載されたものです。

告知文
平成29年9月30日
群馬県健康福祉部食品・生活衛生課 監視指導・表示対策係 
027−226−2452

違反食品(牛乳)の回収について

1 概 要
 平成29年9月25日(月)、桐生保健福祉事務所(保健所)が収去した牛乳について、県
 食品安全検査センターで検査を行ったところ、9月30日(土)、大腸菌群が陽性であり、成
 分規格に違反していることが確認されました。
 同保健福祉事務所(保健所)では、製造者に対し当該品と同一製造日の牛乳を回収するよう
 命令しました。
 なお、現在までに当該牛乳に係る健康被害の報告はありません。
2 違反内容
 違 反 条 項:食品衛生法第11条第2項違反
 (成分規格違反(大腸菌群陽性))
 検 査 機 関:群馬県食品安全検査センター
 結果判明日:平成29年9月30日
3 回収対象品
 商 品 名 :田中牛乳
 種 類 別 :牛乳
 包 装 形 態 :ガラスびん
 内 容 量 :180ml、900ml
 消 費 期 限 :平成29年9月30日(蓋に30と記載のあるもの)
 製 造 日 :平成29年9月25日
 製 造 量 :440本(180ml)、10本(900ml)
4 製 造 者
 営 業 者:田中 孝志
 所 在 地:群馬県桐生市東久方町1−2−9
5 販売先(配達)
 桐生市内の一般家庭(404軒)
6 措 置
 食品衛生法第54条に基づく回収命令(平成29年9月30日)
○参考
 大腸菌群:食品が衛生的に取り扱われたかどうかを判断するための指標として用いられる菌群であ
 り、牛乳の成分規格では「大腸菌群陰性(検出されないこと)」とされています。
 収 去:食品を検査するために、食品衛生法に基づき食品衛生監視員が食品製造施設や販売施設
 から食品等を無償で採取することです。
☆牛乳の成分規格
 原料乳の由来:ジャージー種のみ以外(ジャージー種のみ)
 無脂乳固形分 :8.0%以上
 乳脂肪分 :3.0%以上
 比重 :1.028以上
 酸度 :0.18%以下(0.20%以下)
 細菌数 :5万/ml以下 陰性
注1: URLは掲載時点のものです。リンク切れの際はご了承ください。
注2: この情報は被害の未然防止、同種事故の発生防止等を目的に提供しているものです。
注3: このサイトでは過去1年間の告知文を掲載しています。
戻る
ページ先頭へ