食品の事故情報の整理・分析

2018年5月の事故情報についての整理・分析

告知理由別に見た事故情報

 

(単位:件、%)
No 告知理由 5月
告知理由別単月
過去3ヶ月のデータ
4月 3月 2月
1 微生物及び化学物質の混入(微生物の増殖を含む) 食中毒事故原因の微生物、化学物質   2   (3.8)   2   (4.7)   8   (13.6)   1   (1.7)
2 カビ、酵母等の微生物   5   (9.4)     5   (8.5)   4   (6.9)
3 異物(夾雑物を含む)の混入 ガラス片や金属等硬質異物   3   (5.7)   4   (9.3)   5   (8.5)   3   (5.2)
4 昆虫・毛髪等生物由来異物、及び軟質異物   4   (7.5)   2   (4.7)   6   (10.2)   4   (6.9)
5 容器・包装不良   1   (1.9)     2   (3.4)  
6 期限表示の誤記(不適切な表示) 期限表示(設定期限を超えて誤記)   11   (20.8)   5   (11.6)   7   (11.9)   17   (29.3)
7 期限表示(設定期限より前に誤記)   1   (1.9)   1   (2.3)   1   (1.7)  
8 期限表示(記載もれ、貼付もれ)   3   (5.7)   1   (2.3)   1   (1.7)  
9 期限表示(印字不明瞭)        
10 期限表示(その他)   1   (1.9)      
11 不適切な表示 食品添加物         1   (1.7)
12 アレルゲン   12   (22.6)   10   (23.3)   21   (35.6)   18   (31.0)
13 誇大表示、優良誤認   2   (3.8)      
14 その他の不適切な表示   1   (1.9)   2   (4.7)    
15 表示関連以外の法令違反(その恐れを含む)
(計量法関連(量目など規格不良)、食品衛生法関連(国内未承認の添加物・放射線照射等、残留農薬等違反等))
  6   (11.3)   9   (20.9)     4   (6.9)
16 品質不良
(殺菌不十分、変色、風味変化などの不良品)
    7   (16.3)   2   (3.4)   3   (5.2)
17 賞味期限切れ、期限切れ原材料の使用   1   (1.9)     1   (1.7)   3   (5.2)
18 その他(お詫びのみで回収理由が不明、判断不能等)        
合計   53   (100)   43   (100)   59   (100)   58   (100)
注1: ()内の数字は各合計に占める割合(パーセント)を示す。
注2: 事故内容が同一である社告が関係する製造メーカー、流通企業等から複数出されている場合には各社告を1件として複数カウントしている。
注3: ひとつの社告が複数の新聞、Webサイトに公表されている場合には、まとめて1件としてカウントしている。
注4: このサイトに掲載された当年度内の情報を整理・分析している。
食品の事故情報の整理・分析一覧へ戻る
ページ先頭へ