食品の事故情報の整理・分析

2017年(1月〜12月)の事故情報についての整理・分析

品目別に見た事故情報

 2017年の事故情報の状況は、年間総件数750件で、2016年の839件よりも89件(前年比89.3%)と大幅な減少となった。ただし、総件数は2009年−577件、2010年−651件、2011年−554件、2012年−705件、2013年−488件、2014年−643件、2015年−822件であるので、ここ9年間の全体の流れとしては増加の傾向を示してきたと言える。しかし本年を境に減少傾向への転向、もしくはプラトーに達したという見方もできるかもしれない。月平均値は62.5件、月別の件数で平均値を上回った月は、5月(65件)、6月(69件)、7月(63件)、9月(77件)、10月(74件)、11月(85件)、12月(71件)であり、1年間の中では後半に若干の増加傾向が見られたことは昨年・一昨年と同様である。
 品目別には、「菓子」が200件(26.7%)と最多で、前年の219件から19件減少したが、それは事故の総件数が減少したことが理由であり、発生割合は過去3年間(2014年−25.0%、2015年−25.8%、2016年−26.1%)とほぼ同等である。「菓子」が最多であるのは過去8年間(2009年〜2016年)と同一であり、発生割合的にも23〜29%とほぼ同程度である。月別の動向では、昨年は自主回収が行われた業務用のラムネ菓子が、詰め合わせ菓子等の末端製品に展開され、それらの自主回収も行われたため11月と12月に顕著な傾向が見られたが、本年は何らかの傾向は見られなかった。「菓子」の告知理由内訳は「不適切な表示/アレルゲン」が57件(7.6%)、「期限表示の誤記(不適切な表示)/設定期限を超えて誤記」が31件(4.1%)、それに次いで「微生物及び化学物質の混入(微生物の増殖を含む)/カビ、酵母等の微生物」が28件(3.7%)であり、上位3種の告知理由116件で「菓子」200件の58%を占めた。その外には「異物(夾雑物を含む)の混入/昆虫・毛髪等生物由来異物、及び軟質異物」が19件(2.5%)、「異物(夾雑物を含む)の混入/ガラス片や金属等硬質異物」が15件(2.0%)、「品質不良(殺菌不十分、変色、風味変化などの不良品)」が9件(1.2%)等であった。これら上位6種の理由と発生割合は、ほぼ昨年と同様であった。
 「菓子」に次いで件数が多かったのは「弁当・惣菜」で91件(12.1%)、次いで「水産食料品」が84件(11.2%)であった。昨年との比較では「弁当・惣菜」が40件の大幅減(前年比69.5%)、「水産食料品」が8件減(前年比93.3%)と若干の減少が見られた。「弁当・惣菜」発生比は昨年・一昨年ともに15%を超えていたので、本年は明らかな減少があったと言える。
 品目別の上位が「菓子」「弁当・惣菜」「水産食料品」の3品目であることは、2009年の調査開始以来変わらない傾向である。これらの3品目に次ぐものとして、本年は「肉製品」が51件(6.8%、昨年は54件(6.4%))、「清涼飲料(茶・コーヒー飲料を含む)」が31件(4.1%、昨年は42件(5.0%))、「パン」が27件(3.6%、昨年は26件(3.1%))、「めん類」が24件(3.2%、昨年は21件(2.5%))、「野菜・果実缶詰・農産保存食料品」が23件(3.1%、昨年は38件(4.5%))、「乳製品」が18件(2.4%、昨年は21件(2.5%))、「野菜漬物(缶瓶詰、つぼ詰めを除く)」が18件(2.4%、昨年は20件(2.4%))等であった。これら上位10品目の発生傾向はは昨年・一昨年と同様であった。

各月の表示切替:      
(単位:件、%)
No 品目名 2017年
暦年合計
各月のデータ
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
1 肉製品
51
(6.8)
7
(17.5)
3
(5.6)
1
(1.9)
1
(2.2)
3
(4.6)
6
(8.7)
7
(11.1)
2
(3.8)
7
(9.1)
4
(5.4)
5
(5.9)
5
(7.0)
2 乳製品
18
(2.4)
2
(4.3)
2
(2.9)
1
(1.6)
2
(3.8)
4
(5.2)
5
(6.8)
2
(2.4)
3 水産食料品
84
(11.2)
4
(10.0)
4
(7.4)
8
(15.1)
10
(21.7)
5
(7.7)
4
(5.8)
7
(11.1)
4
(7.5)
6
(7.8)
10
(13.5)
14
(16.5)
8
(11.3)
4 野菜・果実缶詰・農産保存食料品
18
(2.4)
1
(2.5)
3
(5.6)
4
(7.5)
1
(2.2)
1
(1.5)
2
(3.2)
3
(5.7)
1
(1.3)
2
(2.4)
5 野菜漬物(缶瓶詰、つぼ詰めを除く)
23
(3.1)
4
(10.0)
1
(1.9)
1
(2.2)
1
(1.5)
7
(10.1)
2
(3.2)
2
(2.6)
2
(2.7)
2
(2.4)
1
(1.4)
6 みそ
8
(1.1)
3
(5.6)
2
(4.3)
2
(3.1)
1
(1.4)
7 醤油・食用アミノ酸
3
(0.4)
1
(2.2)
1
(1.4)
1
(1.4)
8 ソース
5
(0.7)
1
(1.9)
1
(1.5)
2
(2.6)
1
(1.4)
9 マヨネーズ・ドレッシング
5
(0.7)
1
(1.9)
2
(3.2)
1
(1.3)
1
(1.4)
10 カレー・シチュー
11 スープ
5
(0.7)
1
(1.9)
1
(1.4)
1
(1.9)
2
(2.4)
12 めんつゆ
3
(0.4)
1
(1.4)
1
(1.3)
1
(1.4)
13 その他調味料
15
(2.0)
1
(2.5)
3
(5.6)
1
(1.9)
1
(2.2)
2
(2.9)
2
(3.2)
1
(1.4)
1
(1.2)
3
(4.2)
14 精穀・製粉
10
(1.3)
1
(2.5)
1
(1.5)
5
(6.8)
2
(2.4)
1
(1.4)
15 糖類
5
(0.7)
1
(1.9)
1
(1.3)
1
(1.2)
2
(2.8)
16 パン
27
(3.6)
2
(3.7)
5
(9.4)
4
(6.2)
1
(1.4)
2
(3.2)
2
(3.8)
1
(1.3)
5
(6.8)
2
(2.4)
3
(4.2)
17 菓子
200
(26.7)
10
(25.0)
18
(33.3)
19
(35.8)
15
(32.6)
18
(27.7)
13
(18.8)
11
(17.5)
11
(20.8)
23
(29.9)
12
(16.2)
24
(28.2)
26
(36.6)
18 清涼飲料(茶・コーヒー飲料を含む)
31
(4.1)
1
(1.9)
1
(1.9)
3
(6.5)
3
(4.6)
4
(5.8)
10
(15.9)
2
(3.8)
1
(1.3)
4
(5.4)
2
(2.4)
19 動植物油脂
3
(0.4)
1
(2.5)
1
(1.4)
1
(1.6)
20 茶・コーヒー(飲料は除く)
2
(0.3)
1
(1.6)
1
(1.4)
21 めん類
24
(3.2)
1
(2.5)
1
(1.9)
3
(5.7)
2
(3.1)
1
(1.4)
1
(1.6)
2
(3.8)
5
(6.5)
8
(9.4)
22 弁当・惣菜
91
(12.1)
6
(15.0)
7
(13.0)
5
(9.4)
7
(15.2)
8
(12.3)
9
(13.0)
4
(6.3)
8
(15.1)
11
(14.3)
11
(14.9)
6
(7.1)
9
(12.7)
23 冷凍調理食品
4
(0.5)
3
(4.3)
1
(1.6)
24 豆腐・油揚
17
(2.3)
1
(2.5)
1
(1.9)
1
(1.5)
3
(4.3)
1
(1.6)
4
(7.5)
1
(1.3)
1
(1.4)
4
(5.6)
25 レトルト食品
4
(0.5)
2
(3.2)
1
(1.9)
1
(1.2)
26 酒類
15
(2.0)
1
(1.9)
4
(6.2)
3
(4.3)
2
(3.2)
1
(1.9)
1
(1.4)
2
(2.4)
1
(1.4)
27 その他
79
(10.5)
3
(7.5)
5
(9.3)
3
(5.7)
2
(4.3)
11
(16.9)
7
(10.1)
4
(6.3)
10
(18.9)
10
(13.0)
9
(12.2)
9
(10.6)
6
(8.5)
合計
750
(100)
40
(100)
54
(100)
53
(100)
46
(100)
65
(100)
69
(100)
63
(100)
53
(100)
77
(100)
74
(100)
85
(100)
71
(100)
注1: ()内の数字は各合計に占める割合(パーセント)を示す。
注2: 事故内容が同一である社告が関係する製造メーカー、流通企業等から複数出されている場合には各社告を1件として複数カウントしている。
注3: ひとつの社告が複数の新聞、Webサイトに公表されている場合には、まとめて1件としてカウントしている。
食品の事故情報の整理・分析一覧へ戻る
ページ先頭へ